暑い夏の大敵・熱中症の症状と熱中症を予防するための対策

生活・くらし
スポンサーリンク

年々暑さを増している夏の暑さ。日中は35℃を超える猛暑日が続き、夜も30℃を超える熱帯夜が多くなっています。

夏になるにつれて多くなるのが熱中症。毎年、熱中症の症状が現れてしまう方が多く、重い症状に至ってしまうケースも少なくありません。

熱中症の症状はどのようなものか、また熱中症を予防するためにはどのような対策を行えばよいか、ご紹介します。

熱中症とは

熱中症とは暑い環境や体温が下がりにくい環境で身体に起こる異常のことです。

気温が高い日に陽にあたったり、運動や仕事などで体を動かすと、私たちの身体の中では熱が発生して体温が上昇します。体温が上昇し続けると身体に異常をきたしてしまうため、私たちの身体は自然に汗をかいたり体の表面から熱を逃したりして体温を調節します。

強い日差しの下で身体を動かし続けたりすると、体内の熱を外に逃がす調節が追いつかなくなり、体温を下げるために体内の水分や塩分がどんどん消費されます。

それでもなお体温の調節ができなくなっていくと、めまいや立ちくらみ、筋肉の痙攣、頭痛、ふらつきなど身体に異常を発生してしまいます。これが熱中症です。

熱中症の症状

熱中症の症状には、以下のようなものがあります。

  • めまいや立ちくらみ
  • 顔のほてり
  • 足がつる、筋肉のけいれん
  • だるさ、吐き気、頭痛
  • 汗が異常に出る、または汗をまったくかかなくなる
  • 呼びかけに反応しない
  • ふらつき、まっすぐに歩けない
  • 自分で動けない

のどが渇いてきたり、顔がほてってくるのを感じたりした時点で、熱中症の症状が現れ始めていると考えて、速やかに涼しい屋内や日陰に移動し、水分補給などの対策を行う必要があります。

呼びかけに反応しない、真っすぐ歩けないといった症状が出ている場合、重い症状となっていますので、すぐに応急処置を行い、場合によっては医療機関で治療を受けさせる必要があります。

熱中症になる要因

熱中症になる要因として、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

環境要因気温が高い、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪い など
身体要因こども、高齢者、脱水状態にある など
行動要因炎天下で活動する、水分や休憩がとれない、日陰などで休まない など

気温の高さだけでなく、湿度の高さも注意が必要です。湿度が高いと汗をかいても蒸発して熱を逃がすことがしにくいため、体温調節が難しくなるためです。

また、体力が少ないこどもや高齢者、脱水症状で体内の水分が少なくなっている場合は、熱中症の症状が現れやすいので十分な対策による予防が必要です。

熱中症を予防するための対策法

熱中症を予防するための対策は以下のようなものがあります

こまめに水分を補給する

身体は体温を調節するために使われる水分を補給するため、こまめに水分を取るのが熱中症予防の基本的な対策です。

体温調節には水分と塩分が使われますので、水分と合わせて塩分も補給するようにします。また、糖分も含めると小腸での水分補給がされやすくなります。

水分補給のおすすめは経口補水液です。スーパーやドラッグストアで販売している経口補水液を飲むのも良いですが、以下の材料を混ぜわせることで自宅でも作ることができます。

500ml
1.5g(小さじ4分の1)
砂糖20g(大さじ2と4分の1)
自宅で作れる経口補水液のレシピ

飲みづらい場合は、レモン果汁を少し加えることで飲みやすくなります。

天気予報を確認する

天気予報で気温や湿度を確認し、熱中症の危険性を把握しておきましょう。熱中症が発生しやすい時期は熱中症指数というのも発表されますので、あわせて確認しておきましょう。

屋内に入る日差しを防ぐ

強い日差しによって室温が高くなるのを防ぐため、カーテンやすだれなどで直射日光を遮るようにします。

室内を涼しくする

エアコンの冷房機能や扇風機などを使い、室内を涼しくしましょう。「室温28℃・湿度70%」が一つの目安となります。カーテンやすだれなどで直射日光を遮り、室温が高くなるのを防ぐのと併用するようにします。

エアコンや扇風機の風が直接当たるとかえって身体を冷やしすぎることになるので、風が直接当たらないように風向きを調整しましょう。

夜寝る時も気温が30℃を超えることがあります。睡眠中の熱中症を防ぐために、エアコンを風量を弱めにして一晩中使用し、快適な睡眠環境を保つことも大切です。

屋外では帽子や日傘を使用する

外出する際は日差しを浴びることによる体温上昇を抑えるため、帽子をかぶったり、日傘などを使い、できる限り身体にあたる日差しを少なくするようにします。

日傘も女性だけでなく、男性向けの日傘も増えており、使用する人が増えています。ビジネス向けのデザインや雨傘と併用できる機能を備えているものもあります。

屋外での活動時はこまめな休憩を取る

屋外での活動を行う際は、こまめに休憩を取り、身体を休めて体温調節機能を回復させましょう。

食事で十分な栄養と水分を摂取する

熱中症を予防するためは、体内の水分を十分に保つことに加え、熱中症を防ぐための体力をつけておくことが必要です。毎日の食事で十分な栄養と水分を摂るようにしましょう。

また水分補給のため、寝る前と朝起きた時にコップ1杯の水分を補給するのがおすすめです。

運動で体力をつける

夏の暑さに対して常に体温調節を行う身体は体力を使います。運動することで基礎体力をつけておくことで体温調節機能を保ち、夏の暑さに打ち勝つことができます。

涼しい時間帯を選んでウォーキングを行ったり、プールで泳いだり、体操やストレッチなどで運動する習慣をつけておきましょう。

熱中症についてきちんと知り、熱中症を予防するための対策法をしっかり取っておくことで、熱中症は防ぐことができます。ぜひ正しく理解して対策し、元気に過ごしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました