2020年7月スタート さいたま新都心での生活はどう変わる

スポンサーリンク

2020年6月が今日で終わり、1年の半分が過ぎました。

明日から2020年7月がスタート。7月から新しく始まることがあり、さいたま新都心にクラス私たちの生活にも変化や影響があります。

キャッシュレス・消費者還元事業が終了 7月から「マイナポイント」の受付が開始

2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられたことにあわせて開始された「キャッシュレス・消費者還元事業」が2020年6月30日をもって終了となりました。

電子マネーやクレジットカード決済などのキャッシュレス決済サービスの普及を目的として、買い物の際にキャッシュレス決済を利用すると支払金額の5%や2%がその場で割引、または引き落とし時に割引になるというものでした。

今後は2020年9月1日より開始予定の「マイナポイント」事業に移行します。

プラスチック製のレジ袋が有料化

すでにレジ袋が有料になっていた店舗もありますが、スーパーやコンビニなどで商品を入れてもらうためにもらっていたプラスチック製のレジ袋が、2020年7月1日より基本的に有料となります。

2020年7月からは店舗で買い物をする際、商品を袋に入れてもらう際は、袋代がかかると思っておいた方が良いでしょう。

主なスーパーでのレジ袋の料金はかかっても5円程度ですが、「塵も積もれば山となる」という言葉もあります。毎回5円多めに支払うストレスも考えると、エコバッグを1つ持ち歩くのが良いかもしれません。

また、エコバッグや買い物袋は、食料品を買った時につく汚れや外に持ち歩いたりしてつく汚れを洗うために複数枚持っておくことをおすすめします。

今はいろんな店舗がエコバッグを販売していますし、キャンペーンでエコバッグを配布していたりもしており、ファッション雑誌の付録でエコバッグや買い物袋がついています。それらを積極的に活用して節約しましょう。

2020年7月も快適に、気持ちよく、楽しく、さいたま新都心での暮らし、遊び、仕事を満喫していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました