第5回さいたま国際マラソンが2019年12月8日(日)に開催決定

ニュース
スポンサーリンク

第5回目となる「さいたま国際マラソン」の開催概要が発表され、2019年12月8日(日)に開催されることになりました。

さいたま市民先行申込は5月8日(水)から受付開始。一般申込は5月20日(月)から受付開始となります。

さいたまスーパーアリーナがスタート&フィニッシュ地点

さいたま国際マラソンは、さいたまスーパーアリーナがスタート地点であり、フィニッシュ地点でもある大会です。都心から近くて参加しやすいのが特長の1つです。

コースはさいたまスーパーアリーナをスタートして駒場陸上競技場、新見沼大橋有料道路、埼玉スタジアム2◯◯2を通り、越谷市神明町で折り返し、浦和橋、埼大通りを経て、さいたまスーパーアリーナに戻ってくる42.195kmです。

アップダウンが多い上、36.7km過ぎの新浦和橋をどう越えるかがコース攻略の鍵となっています。

私も2回走りましたが、中盤のアップダウンにやられ、新浦和橋で完全にノックアウトさせられました。

キツいコースである分、この大会で良い記録が出せたら相当な走力を持っているという自信になります。

東京オリンピックを目指す最後のレース

今回の「第5回さいたま国際マラソン」は、マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジということで、2020年の東京オリンピック日本代表選手選考競技会を兼ねております。

2019年9月15日に行われる東京オリンピックの日本代表選手選考会レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」では男女ともに代表選手3名中2名が決まり、女子代表選手残りの1名を決めるためのレースの1つとしてさいたま国際マラソンが選ばれています。

大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンを含めた3レースの中で派遣設定記録を上回り、最も速いタイムを出した選手1人が代表に内定します。

大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンの方がタイムが出やすいのですが、女子トップ選手の走りを間近に見ながら、日本代表選手誕生の瞬間に立ち会えるかもしれません。

さいたま市民先行申込は5月8日から

さいたま市民先行申込は5月8日(水)から受付開始。一般申込は5月20日(月)から受付開始となります。

これを気に運動を始めて目標が欲しいという方、フルマラソンにチャレンジしてみたいという方、女子マラソン日本代表選手誕生の瞬間に立ち会いたい方、ぜひお申し込みください。

» さいたま国際マラソン公式サイト

タイトルとURLをコピーしました